50歳会社員の方が、変額年金、NISA、企業型確定拠出年金で99万7194円のプラスです。

こんにちは、鬼塚祐一です。50歳会社員の方の事例です。

4年前から資産運用をスタートしていらっしゃいます。

まず、ソニー生命の変額年金で、月2万1365円の積立を始めました。

当時は、まだ私が独立前で、そのときの所属していた会社が変額年金推しだったのです。

これまでの積立総額は、99万5210円です。

ソニー生命のインターネットサービスで運用実績を確認すると、年利8.68%です。

年利は記載があるのですが、金額はないので、エクセルで計算しました。

8.68%運用だと、117万6380円に増えてくれていることになります。

18万1170円のプラスです。

それから、勤務先に企業型確定拠出年金が導入されているので、それも4年前に見直しました。

確定拠出年金の拠出総額は、242万28円です。

それが現在、290万5494円になっています。

48万5466円の利益です。

2年前に、SBI証券で、奥様の名義のNISAを開設して、投資信託も始めました。

NISAの投資総額は220万円です。

それが今、252万810円に増えてくれています。

32万810円のプラスです。

また、21歳の学生のお子さんも、2年前から、月5千円で投資信託の積立をスタートしています。

その5千円は、アルバイト代から出しています。

しっかりしていらっしゃいますね~。^^

積立総額は10万5千円です。

それが現在、11万4748円になってくれています。

9748円の利益です。

ということで、全部合計すると、99万7194円のプラスです。

変額年金、NISA、企業型確定拠出年金は、それぞれ異なる商品ですが、運用の考え方はまったく同じです。

あなたも将来に向けた着実な資産形成ができるようになりますよ。^^