今年に入って投資をスタートしたのは失敗だったのか?

こんにちは、鬼塚祐一です。今月に入って株価が下がりました。

長期分散投資の理論がきちんと理解できている場合は、動じず、ど~んと構えていることと思います。

ただ、なかには、

「すごく悪いタイミングで投資をスタートしてしまったのでは?」

と不安になっている方もいらっしゃるかもしれません。

不安になったときは、まず、リスクコントロール4つの鉄則を思い出して下さい。^^

コンサル、セミナー、DVDでお渡ししているテキストの前半に掲載されています。

思い出しましたか?

今までも、今回のようなマイナスはしょっちゅう発生しています。

たとえば、昨年は北朝鮮のミサイル問題、一昨年は、イギリスのEU離脱問題、3年前はチャイナショックがありました。

こういうマイナス要因が起きても、大丈夫なように、リスクコントロールをしているわけです。

では、事例を見てみましょう。

2015年に投資信託をスタートした自営業の方のケースです。

2015年はチャイナショックの影響でマイナスになっています。

2018年も、今月の株安の影響で、マイナスです。

しかし、トータルで見ると、

99万8139円のプラスです。

ということで、資産が増えている方でも、その途中経過では、マイナスを経験しているわけです。

逆に言うと、短期的なマイナスは気にする必要がないわけです。

ですから、株価の変動に一喜一憂せず、たんたんと、続けて下さいね。

ただ、どうしても1人でやっていると、ときには不安になることもあると思います。

そんなときは、FPラボに仲間がいます。

そこでお互いに励まし合うと、投資を続ける勇気がわいてきますよ。

FPラボは現在、募集をしておりませんので、4次募集をお待ち下さい。^^