日経平均株価が暴落!今から投資しても大丈夫なの?

こんばんは、鬼塚祐一です。ここ数日のニュースといえば、

「NYダウが史上最大の下げ幅」

「世界の株安連鎖、日経平均一時1500円超安」

が大きく報道されています。

こんな状況で、今から投資して大丈夫なの?

とお感じの方もいらっしゃるかもしれません。

長期分散投資のことが、きちんと理解できている方は、まったく動じていないと思いますが。^^

なぜなら、このようなマイナスは、しょっちゅう発生しています。

昨年は北朝鮮のミサイル問題、一昨年はイギリスのEU離脱問題、その前は、チャイナショックなどなど。

この数年だけでも、悪いことは、いろいろあったわけです。

悪いことが起きることを前提で、着実な資産形成を目指すのが、長期分散投資なのです。

たとえば、2008年11月から投資信託をスタートした方の事例をご覧下さい。

年利12.53%で運用できています。

ものすごいリターンですよね。

ただ、この2008年のスタートといえば、最悪のタイミングとも言えます。

というのも、リーマンショックの真っ只中で、投資を始めたわけです。

その後も、ギリシャ危機、ユーロ危機、東北の大震災、米国債のデフォルト問題、ロシアとウクライナの問題、イスラム国のテロ、などなど。

いろんな悪いことがあり、その都度、株価が下落しました。

にもかかわらず、年利12.53%で運用できているのです。

どうしてだと思いますか?

答えはカンタンです。

毎月、定額でコツコツ積立をしているからです。

積立をしていると、株価が下がったときに、安いものをたくさん仕込むことが出来ます。

これが理解できる人にっては、今回の、NYダウや日経平均株価の下落は、ラッキーと考えているはずです。

安く買えるチャンスなので。

では、積立していない場合は、どうでしょうか?

積立をしていなければ、値下がりしても、安く買うことが出来ませんよね。

実は、その場合でも何の問題もありません。

リバランスという方法があります。

リバランスをすると、積立をするのと同様の効果が期待できます。

しかも、年に1だけで良いので、カンタンです。

リバランスの仕方は、FPラボのウェブセミナーで徹底解説しました。

ウェブセミナーは録画しているので、動画をラボ限定ブログにアップしています。^^