42歳会社員の方が投資信託、ジュニアNISA、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)で41万7013円のプラスです。

こんにちは、鬼塚祐一です。42歳会社員の方の事例です。

1年前にSBI証券で100万円分、投資信託を買いました。

月2万円の積立もスタート。

これまでの、投資総額は120万100円です。

100円という端数がありますが、これは、おそらく、SBI証券の口座開設キャンペーンか何かだと思われます。

それが今、136万3470円に増えてくれています。

16万3370円のプラスです。

それから、お子さんが2人いらっしゃいます。

お子様2人の名義でジュニアNISAをSBI証券で開設しました。

それぞれ80万円ずつ投資信託を買いました。

それが今、92万5309円に増えてくれています。

12万5309円のプラスです。

2人合わせると、25万618円の利益です。

そうそう、ジュニアNISAについて、こういう質問を頂くことがあります。

「ジュニアNISAではどの投資信託を買ったらいいですか?」

大人と同じ商品を選んで下さい。

それから、5ヶ月前に、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)も始めました。

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の掛金は、会社員の上限額、月2万3千円でおこなっています。

これまでの拠出総額は、13万8千円です。

それが今、14万1025円になっています。

3025円の利益です。

ということで、ご本人の投資信託と、ジュニアNISA、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)を合計してみましょう。

41万7013円のプラスです。

投資信託もジュニアNISAも個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)も、最初の設定さえしてしまえば、あとは、ほったらかしで良いので楽チンです。

あなたも効率よくお金を増やすことが出来るようになりますよ。