損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の収入保障保険が高コスパ!38歳共働き女性の場合。

こんにちは、鬼塚祐一です。38歳共働きの女性会社員の保険見直し事例です。

ご主人も会社員、お子さんは0歳です。

万一、奥様がお亡くなりになった場合の、死亡保障を考えてみます。

以前は、奥様がお亡くなりになっても、父子家庭には遺族年金が支給されませんでした。

ところが、今では、父子家庭でも遺族年金を受け取ることが出来ます。

遺族年金とご主人のお給料で、生活費とお子さんの教育費が賄えれば、奥様の死亡保障は不要と考えることができます。

ただ、お子さんの教育資金、小学校から大学までの費用までは、保険に入っておかないと足りない、とのことでした。

それをカバーするための保険を安い順にピックアップしました。

収入保障保険という商品の比較表です。

ご主人がお亡くなりになると、月5万円ずつ受け取ることが出来ます。

保障総額は1620万円です。

これだけあれば、教育資金は大丈夫です、とのことでした。

比較表は左側にある商品ほど安い、という順番で並んでいます。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命が最安です。月々の保険料は、1370円です。

ちなみに、タバコを吸わない場合は、割引があるので、これよりも、さらに安くなりますよ。

保険の見直しで浮いたお金で、新作コスメを買ったり、エステに行くことも出来ますよね。

もしくは、

将来のために、効率よく増やしたいなら、こういう楽チンな方法もありますよ。^^