3月にインデックスファンドに2000万円一括投資。今どうなっているのかを公開。

こんにちは、鬼塚祐一です。3月に2000万円投資した方の事例です。

2000万円一括で、4本のインデックスファンドを購入しました。

そのうち120万円は、NISAで外国株式インデックスファンドを買いました。

月1万の積立も始めています。

これまでの投資総額は、2008万円です。

それが今、1998万2500なので、9万7500円のマイナスです。

まだスタートして、9ヶ月です。

短期的には、こういうマイナスは、しゅっちゅう発生します。

では、少し深掘りしてみましょう。

ポートフォリオという画面を見てみます。

すると、各商品の評価額が表示されます。

実は、4本のうち、マイナスなのは、1本だけなのです。

国内株式(TOPIX)だけです。

その他の3本はプラスです。

ということは、もし、国内株だけに投資をしていたら、損失はもっと大きくなっていたわけです。

逆に、先進国債券は15万円以上の利益が出ています。

ちなみに、夏頃、名古屋のアフタヌーンティー会でこんなことを言われました。

「鬼塚さん、債券はぜんぜん増えてないから、株だけで投資をしたほうが良くないですか?」

もちろん、止めましたが。^^

もし、あのとき、私が、「別にそれでも良いですよ~。」みたいに無責任に答えていたとしたら、、、

怖いですね~。

では、今後どういう対策をしていけばいいのか?

国内株はやめて、他の3つだけに投資をすればいいのでは、と思いませんか?

ご興味があれば、1月の名古屋での対面の個別相談でお話ししますね。

あと2枠です。お早めに!