パート主婦は確定拠出年金とNISAどちらがいいのか?

こんにちは、鬼塚祐一です。パート主婦は確定拠出年金とNISAどちらがいいのか?

というテーマでお送りします。^^

さっそくご相談内容です。

妻の個人型確定拠出年金を検討しています。

妻はパート勤務なので、今後60歳までの給与が確定しているわけでは無いことから、拠出する口座に手元資金200万ほどを置いてから始めようかと考えています。

ただ、手元にそれだけの資金があればそれをNISAで投資するのもありかなとも思っています。

どちらの方がメリットがありますでしょうか?

こういうときは、どちらも試算してみると答えが分かります。

前提条件は、元手200万円、年数は10年で、6%複利運用。

奥様のパート収入はギリギリ130万円にいかないくらい、ということで計算していきます。

まず、確定拠出年金から見ていきましょう。

200万円を10年で割ると、月1万6666円ずつ拠出していくことになります。

10年後、272万円になってくれます。

退職所得控除が使えるので、272万円は税金が引かれずに受け取れます。

それプラス、毎年3万円の節税が見込めるので、総額30万円、税金がお得になります。

272万円+30万円=302万円

これが、確定拠出年金の場合です。

奥様の収入が変われば、節税額も違ってきますので、あくまでも目安とお考え下さい。

続いて、NISAの場合。

元手200万円のうち120万円をNISAで、残り80万円を特定口座で運用するとしましょう。

NISAの120万円のほうは10年後、215万円になってくれます。

非課税ですから、215万円まるまる受け取れます。

それから、特定口座の80万円は、143万円になってくれます。

ただ、利益にたいして20%課税されるので、手取りは130万4千円になります。

合計すると、

215万円+130万4千円=345万4千円

です。

特定口座の80万円を2年目にNISAに移すという方法をとれば、手取りをもっと増やすことが可能です。

NISA345万4千円 > 確定拠出年金302万円

ということで、元手が200万円あるのであれば、確定拠出年金よりも、NISAのほうが良いのではないかと思います。^^

あなたも上手にお金を増やしませんか?