あなたの生命保険をもっと安くて良い保障にする方法

こんばんは、鬼塚祐一です。多くの方は、それなりの保険料を払っているのに、必要な保障額を満たしていないことに気が付いていません。

たとえば、月5万円も払っているのに、ご主人がお亡くなりになったら、家族が路頭に迷うことになる、というケースがけっこうあります。

あなたが、貯蓄型の保険に入っている場合、このケースに該当する可能性があるので、一度、チェックしてみましょう。

「掛け捨てはもったいない。」

そう思って貯蓄型の保険に入ったばかりに、遺された家族が生活できなくなったら、、、

生命保険の意味がないですよね。

一般的なご家庭の場合、必要保障額を満たそうと思ったら、掛け捨てじゃないと、かなりきついと思います。

掛け捨てだと、貯蓄型よりも、ずいぶん保険料が安いです。

たとえば、私が適正だと考える保険料は、

・独身の場合 月5千円以内
・既婚子供なし 月1万円以内(夫婦2人分で)
・既婚子供あり 月1万5千円以内(夫婦2人分で)

こんな感じです。

これくらいの保険料で、必要な保障額を十分満たした保険に入ることが出来ます。

保険料が安くなった分、浮いたお金を、運用にまわせば、効率的に増やすことが出来るようになりますよ。^^