外貨預金で損をしています。円安になるまで解約は待つべきでしょうか?

おはようございます、鬼塚祐一です。投資信託の良さを知ってしまうと、外貨預金を解約したくなります。^^

前回のセミナーの懇親会で頂いた質問です。

「外貨預金で損をしています。円安になるまで解約は待つべきでしょうか?」

私なら、とっとと解約して、投資信託にまわします。^^

ただ心理的に、損をするのは嫌だ、せめてトントンになってから解約したい、というお気持ちはよく分かります。

ここが、投資信託でお金を増やせるか増やせないか岐路になります。

というのも、投資で失敗する人の共通点は、理論ではなく感情を優先してしまいます。

たとえば、円安になったときには、これから買う投資信託も値上がりしているわけです。

値上がりした外貨預金を売って、高い投資信託を買うことになります。

逆に、今であれば、安い外貨を売って、安い投資信託を買うことが出来ます。

であれば、円安になるのを待つのは、時間の浪費である、と考えられます。

あなたの大切なお金と時間を有効に活用しませんか?