メットライフ生命のビーウィズユープラスは積立利率が4%もあります。デメリットは?

こんばんは、鬼塚祐一です。最近、ドル建て保険の相談が増えております。

先日は、メットライフ生命のドル建て保険、ビーウィズユープラスについてのご相談がありました。


https://www.metlife.co.jp/document/products/HybridVLW_2f.pdf

メットライフ生命のビーウィズユープラスは、一括で保険料を払うタイプのドル建ての生命保険です。

生命保険なので、死亡保障がついています。

おそらく、大半の方は、死亡保障が目的というよりも、貯蓄のために、メットライフ生命のビーウィズユープラスを検討していると思います。

が、とにかく生命保険なので、保障の話からします。

もし、契約して、すぐに、万一、お亡くなりになった場合、支払った保険料以上の保障を得ることが可能です。

ビーウィズユープラスのパンフレットを見てみましょう。

一時払保険料10万ドルの事例が掲載されています。


https://www.metlife.co.jp/document/products/HybridVLW_2f.pdf

今回は、40歳の女性が加入する場合を見てみます。


https://www.metlife.co.jp/document/products/HybridVLW_2f.pdf

一番上のグレーの色が付いてる行が、基本保険金額というものです。

死亡保障の金額です。

基準利率4%の欄を見ると、32万7150ドルと書いてあります。

お亡くなりになると、32万7150ドルの保険金を御遺族が受け取ることになります。

この事例はの一時払い保険料は10万ドルでしたよね。

ということは、払った保険料の3倍ほどの、死亡保障があるわけです。

ただ、先程もお話ししたように、大半の方は、死亡保障のためというよりも、貯蓄が目的だと予測されます。

では、貯蓄性を見ていきましょう。

メットライフ生命のビーウィズユープラスの、現在の基準利率は4.03%です。


https://www.metlife.co.jp/document/products/HybridVLW_2f.pdf

銀行の定期預金の金利が0.01%ということを考えると、すごく魅力的な利率に見えますよね。

では、あらためて、ビーウィズユープラスのパンフレットの事例を見てみましょう。


https://www.metlife.co.jp/document/products/HybridVLW_2f.pdf

契約年齢40歳、女性、基準利率4%の解約返戻金をご覧下さい。

23万8190ドルと書いてあります。

払った保険料は10万ドルでしたから、倍以上に増えてくれています。

ドルだと分かりにくいので、円に換算してみます。

計算をシンプルにするために、1ドル=100円だとします。

1000万円払ったら、30年後に、2381万9000円受け取れる、という感じです。

ただ、注意点があります。

計算してみると分かりますが、1000万円が年率4%で増えていたら、3243万円になるはずなのです。

つまり、積立利率4%というのは、4%で増えますよという意味ではないわけです。

では、差額の861万円は、いったい、どこに消えたのでしょうか?

メットライフ生命が手数料として受け取っているわけです。

手数料にはこういったものがあります。

・契約にかかる諸費用
・為替手数料

契約にかかる諸費用には、死亡保障のための保険料が含まれています。

メットライフ生命はそもそも保険会社です。

本業の、死亡保障を、無料で提供するわけはありません。

それから、為替手数料というものもかかります。

メットライフ生命のビーウィズユープラスはドル建てです。

保険料を払うためには、円をドルに両替して払うことになります。

その両替をするときに、手数料が発生します。

あなたは、861万円の手数料について、どう思いますか?

許容できるのでれば、メットライフ生命のビーウィズユープラスは、資産運用の選択肢になり得ます。

ちなみに、私だったら、手数料を、そんなに払いたくありません。

もっと手数料が安くて、6%ほどのリターンが期待できる商品を選びます。

どんな商品があるのか?はこちらに書いています。^^