自営業 年金

個人事業主の妻「専従者」が確定拠出年金をする場合、掛金はいくらが最適か?

こんにちは、鬼塚祐一です。確定拠出年金の掛金はいくらが最適か?という話です。

家計に余裕があれば、上限いっぱいまで、したいところです。

掛金が多いほど、安くなる所得税と住民税の額も増えるからです。

では、ご主人が個人事業主でいらっしゃる専従者の妻の場合はどうでしょうか?

専従者給与を税金がかからない金額に抑えている場合、節税メリットがありませんよね。

なので、ムリに上限いっぱいまでする必要はないと思います。

ということで、30歳、40歳、50歳と年代別に、最適な金額を試算してみました。

専従者の妻が30歳の場合、月1万5千円という結果になりました。

なぜ、月1万5千円になったのか?

お金が増えるだけでなく税金まで安くなる!個人事業主のための貯蓄セミナーDVD

こちらのDVDでバッチリ解説しています。

40歳、50歳の場合の最適な金額もお話ししています。

あなたにとって最適な金額は、こちらでご確認いただけます。^^

 

賢く増やす貯蓄講座!10日間無料メールセミナー
 
鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402


お金が貯まった事例
自宅で学べる!セミナーDVDラインナップ
コンサルティング(電話、スカイプ、電話)
テレビ出演実績
福岡、糟屋、春日、大野城、久留米、鳥栖、北九州、小倉などから、対面コンサルティングにお越し頂いております。電話相談・スカイプコンサルは全国対応です。

ファイナンシャルプランナーへの相談、貯蓄、資産運用、投資、確定拠出年金、ジュニアNISAなどお任せ下さい。


2016-07-15 | Posted in 自営業 年金Comments Closed