がん保険、今、加入するならどの保険会社がいいのか?

こんばんは、鬼塚祐一です。私は2年ほど前にがん保険を見直しました。

そのときに加入したのは、AIG富士生命の「がんベスト・ゴールド」です。

診断給付金だけで加入出来るので、保険料が安いです。

上皮内新生物でも悪性の場合と同額の保障が受け取れます。

さらに、ティーペックのセカンドオピニオンサービスが利用できるところがお気に入りです。^^

しかし、私が加入した直後に、保険料が大幅に値上げされて、「がんベスト・ゴールドα」に変わりました。

たとえば、がんと診断されたら100万円受け取れるコースだと、保険料は月2804円です。

それよりも、チューリッヒのほうが安いです。

2740円です。

しかも、診断給付金だけではなくて、放射線と抗がん剤の治療を受けた月に10万円受け取れます。

ただ、月10万円を受け取るためには、毎月、病院に診断書を書いてもらってチューリッヒに請求しないといけないので、面倒です。

なので、私は診断給付金だけのシンプルながん保険が好みです。

最初に、まとまったお金が受け取れれば、あとは、どんな治療に使っても良いわけですから、楽チンだし安心です。

となると、朝日生命のスマイルセブンも選択肢に入ってきます。

保険料は2450円と安いです。

しかも、ガンだけではなくて、7代疾病も保障されます。

ただ、私はがん以外の保障は不要だと考えています。

ガンだけであれば、メットライフ生命が2188円とすごく安いです。

今回の比較は、私の年齢で試算をしました。

つまり、37歳男性の場合だとお考え下さい。

ちなみに、メットライフ生命より、条件が良くて安いものがあります。

ある保険医療保険のがん一時金特約です。

今なら、男女問わず、これが一番おすすめです。

詳しくは、DVDの2枚目を見ると分かりますよ。^^