アクサ生命のアップサイドプラス返戻率110%保証の裏側。アップサイドプラスを徹底検証!アップサイドプラスの手数料を要チェック!!

おはようございます、鬼塚祐一です。アクサ生命に、アップサイドプラスという商品があります。

「外貨建て」の変額保険です。

銀行で勧められたけど、このまま加入していいのか不安です、というご相談が急増しております。

アップサイドプラスが、あなたにとって最適なものなのか?

ここでちゃんと確認しておきましょう。^^

アクサ生命のアップサイドプラスの返戻率110%保証の裏側

アップサイドプラスは、返戻率110%が保証されています。

運用成績が悪くても20年我慢すれば、ちゃんと保証されているわけです。

たとえば、アップサイドプラスで200万円払ったら、必ず、220万円受け取れる、ということです。

損しないから良さそうに感じますよね。

それにアップサイドプラスの運用成績が良ければ、もっと増えてくれるかもしれません。

ただ、現実はそう甘くありません。

なぜなら、アクサ生命のアップサイドプラスは変額保険といいつつ、ほとんど変額部分がありません。

つまり、変額部分がすごく良い運用成績を出したとしても、影響は微々たるものです。

では、もし200万円をアップサイドプラスではなくて、投資信託で運用したらどうなるでしょうか?

投資信託で20年運用すれば、年利6%のリターンが得られる、と金融の世界では言われています。

すると、20年後いくらになると思いますか?

641万円です。

それにたいして、アップサイドプラスは220万円でしたよね。

あなたはどちらが良いですか?

ただ、投資信託は最低保証がなくて怖い、とお感じになるかもしれません。

では、どうしたら着実に増やしていくことが出来るのでしょうか?

実は、6%運用というのは意外とカンタンなのです。^^

アップサイドプラスの手数料ってこんなにかかる!

アップサイドプラスのパンフレットを見てみると、どのくらい手数料がかかるのかが載っています。

アクサ生命もボランティアでやっているわけではありませんので、手数料は当然かかってきます。

ただ、その手数料がどのくらい引かれるのか、理解しておくことはとても大切です。

アップサイドプラスのパンフレットに、契約初期費用、という欄があります。

よく見てみてください。

8.5%と書かれています。

仮に、アップサイドプラスで、200万円の一時払いの契約をしたとしましょう。

すると、いきなり17万円も引かれてしまいます。

これだけではありません。

アップサイドプラスの運用期間中も、変額部分から年0.9%ほどの手数料が引かれます。

大きく元本割れでスタートし、さらに、運用中も手数料がかかってくるわけです。

ここで、そもそもの目的を思い出してみてください。

お金を増やしたくて始めるのではないでしょうか。

ところが、アップサイドプラスは、大きくマイナスの状態からスタートします。

そのマイナスを取り戻すだけでも、数年かかってしまいそうです。

コストを抑えながら、効率よく増やしたいなら、投資信託を活用するという方法もありますよ。

投資信託だと、初期費用がゼロ円のものがあります。

これを、ノーロード投資信託、といいます。

さらに、運用期間中にかかる手数料も、低いものだと年0.2%ほどのものがあります。

あなたの資産が効率良く増えていってくれますよ。^^