56歳から始める確定拠出年金の活用法

こんにちは、鬼塚祐一です。確定拠出年金は59歳の方まで加入できます。

今回は、56歳から確定拠出年金を始める場合の活用法をお話ししますね。

掛金は60歳まで拠出できますので、4年ほど積立が出来ますね。

この4年間は、所得税と住民税が安くなるメリットを受けられます。

月2万3千円積立すると、税金が33万円も安くなります。

(課税所得500万円の方の場合)

60歳以降は、積立はできませんが、運用は続けていくことが出来ます。

長期投資の目安は10年なので、66歳でいくら受け取れるか計算してみましょう。

6%運用できたら、177万円です。

安くなった税金33万円を合わせると、210万円です。

積立した金額は、月2万3千円の4年分、125万円ですから、85万円のプラスです。^^

では、確定拠出年金で6%運用するにはとうしたらいいのか?

こちらのDVDでお話ししています。^^

あなたも確定拠出年金で、効率良く増やしていきませんか?