円ヘッジ「あり」と「なし」の意味と選び方

こんにちは、鬼塚祐一です。確定拠出年金の商品ラインナップをよ~く見てください。

商品によって、円ヘッジ「あり」とか、円ヘッジ「なし」とか書いてあるのに気が付きませんか?

基本的には、若い時は円ヘッジ「なし」で、50代になってきたら円ヘッジ「あり」も組み合わせるという感じです。

それぞれに、メリットとデメリットがありますので、上手に使い分ける方法をDVDに収録しています。

お金が増えるだけでなく税金まで安くなる!個人事業主のための貯蓄セミナー

こちらで上手に商品を選んで、お金を効率良く増やしていきましょう。^^