確定拠出年金

30代は、確定拠出年金の運用のバランスをどうすべきか?

こんにちは、鬼塚祐一です。30代は、確定拠出年金の運用のバランスをどうすべきか?をお話しますね。

まず、定期預金や個人年金は、ほとんど増えないので、選択肢から除外します。

そういうのは50代になってから、考えればオーケーです。

なので、株式で運用する投資信託と、債券の投資信託を組み合わせて、運用します。

組み合わせのバランスですが、一般的には、年齢=債券の比率、と言われています。

たとえば、あなたが35歳なら、債券35%:株式65%、という感じです。

ただ、あくまで一般論で、世の中には例外が山ほどあります。

なので、自分で考えられるように、投資のキホンを勉強しておきましょう。^^

 

 

賢く増やす貯蓄講座!10日間無料メールセミナー
 
鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402


お金が貯まった事例
自宅で学べる!セミナーDVDラインナップ
コンサルティング(電話、スカイプ、電話)
テレビ出演実績
福岡、糟屋、春日、大野城、久留米、鳥栖、北九州、小倉などから、対面コンサルティングにお越し頂いております。電話相談・スカイプコンサルは全国対応です。

ファイナンシャルプランナーへの相談、貯蓄、資産運用、投資、確定拠出年金、ジュニアNISAなどお任せ下さい。



2015-09-10 | Posted in 確定拠出年金No Comments »